FC2ブログ

未分類

丹波立杭焼 大西誠一作陶展

 ←hanako に掲載頂きました! →木のうつわ
春たけなわの候、皆様お変わりなく健やかにお過ごしのことと存じます。
いつも銀座器ギャラリー門へお出掛けいただき、誠にありがとうございます。

4月1日より、兵庫県篠山の丹波の丹波立杭焼、大西誠一さんの個展が始まりました。

大西さんは、丹波立杭焼伝統工芸士です。
日本六古窯の一つに数えられる丹波立杭焼を昔から伝わる作り方で製陶し、後世に伝わるものづくりをされています。
丹波立杭焼に見られる窯変は、丹波の土でなければ出ない色があり、強い赤が垣間見えます。全て丹波の地で長い年月を経て今にまで残る土や木々、その灰から作られ、それなくしては「丹波立杭焼」にはなり得ません。

大西さんの丹波立杭焼は、伝統を守りつつもその造形はとても趣向が富んでいて、見るものを飽きさせず使う者の想像力を掻き立ててくれます。
湯呑ひとつでも、持ちやすかったり、マグカップでも手が疲れずずっと握っていられるほど、全ての作品に愛情が伺えます。
そして、価格もすべて登り窯なのに良心的で、驚きます。
そんな人柄が伝わる作品が200点以上並ぶ、今回の作品展。
10日で66歳になる大西さんは今回で東京は最後かも…と。
そんな事ないです!またぜひ!とお話しさせていただきました。
3日まで店頭で作品の説明をしてくださるとの事で、ぜひ楽しい窯のお話や作陶あるある話などをたくさんの方に聞いていただけたらと思います。

会期は一月間。4月30日まで開催となります。
皆様お誘い合わせの上、ぜひご高覧下さいませ。

大西12

大西10

大西9

大西8

大西7

大西6

大西5

大西4

大西3

大西1

大西2

大西11


丹波立杭焼 大西誠一作陶展
4/1〜4/30
銀座器ギャラリー門
03-3573-7273
※一人体制の為、お昼に休憩時間を頂く間店を閉めております。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。ご不明点が御座いましたらお気軽にお尋ねください。

東京都中央区銀座6-7-4銀座タカハシビル3F
銀座器ギャラリー門のホームページ

QRcode_20170126114752622.jpg
Instagram-Logo_20170126114751557.png
QRインスタのアカウント
門地図2017







スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 個展のご案内
もくじ  3kaku_s_L.png 商品の御紹介
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png こばなし
【hanako に掲載頂きました!】へ  【木のうつわ】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【hanako に掲載頂きました!】へ
  • 【木のうつわ】へ