FC2ブログ

商品の御紹介

いっちん

 ←~立秋~ →お盆明け
今日は山の日。今年より始まる新たな祝日です。幸いお天気にも恵まれ、絶好の行楽日和ですね。水分補給、十分な休憩をとりつつ、お出かけを楽しみたいところです。

今回は器の技法のひとつ、「いっちん」のご紹介です。
いっちんとは、化粧土や釉薬、泥漿(でいしょう:粘土を水で溶いたもの)を入れた円錐形の布袋やスポイト型の筒の事で、そこから線や点を絞り出して描く技法です。「筒描き」、盛り上がり部分が素麺のように見えることから古唐津の作品では「素麺手」と呼ぶこともあります。
平らな器面に絞り出した土が盛り上がって文様となるので、凹凸が出来、立体的な仕上がりとなります。細かなデコボコの触り心地も気持ちよいです。
益子(栃木)の栗原節夫さんの作品もいっちんを施したものが多いですね。
イッチン1
いっちん2
いっちん3
↑白い土部分が盛り上がっております。

京焼(京都)の作品にも見られます。
交趾1
交趾2
交趾3
交趾4
この場合は、いっちんで文様を描き、各々の線で区切られた中に釉薬が混ざらないよう配色しています。このような黄、紫、青、白など鮮やかな色がかかった焼き物を「交趾(こうち)」といいます。名称はベトナムのコーチシナ(交趾支那)と中国との貿易によりもたらされたことに由来し、日本国内の主に京焼で生産されて来た色絵陶磁器全般を指します。

表面に凹凸があるので、滑り止めの効果もあり、掌で包み込むように持つ湯呑みなど安心して持つことができます。来月の敬老の日の贈り物に、いっちんが施された器を贈るのもさりげなく気が利いていて良いですね。

是非実物をお手に取ってみてください。街歩きに疲れたら、涼みがてら銀座ギャラリー門までお越しくださいませ。




銀座ギャラリー門
03-3573-7273
東京都中央区銀座6-7-4銀座タカハシビル3F
10:00~19:00
http://ginzamon.jimdo.com/
門地図


スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 個展のご案内
もくじ  3kaku_s_L.png 商品の御紹介
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png こばなし
【~立秋~】へ  【お盆明け】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【~立秋~】へ
  • 【お盆明け】へ