FC2ブログ

新入荷のお知らせ

会津慶山焼

 ←11月 渋草焼 ~器という名の宝石~ 芳国舎 作品展 →※訂正・追加あり 渋草焼芳国舎・松山様ご在廊のお知らせ 
立冬を過ぎ初めてのすがすがしい快晴の日、気温も暖かく、お出かけ日和でございました。
紅葉を目的に遠出される方もいらっしゃるのではないでしょうか☆


さて、会津慶山焼という、福島県会津若松市の焼き物が入荷いたしました。

素朴ながら東北らしさが感じられ、どことなく上品な印象の器です。

image2_201611121817029c8.jpeg

image1_20161112181700537.jpe-g

image2_201611121817029c8.jpeg

image3_20161112181703b1a.jpeg

image4_201611121817052f4.jpeg

image5_2016111218170670e.jpeg

image6_20161112181800a1d.jpeg

image7_201611121818019cc.jpeg

image8_201611121818035b5.jpeg

image9_2016111218180417a.jpeg

image10_20161112181806136.jpeg

文禄元年、当時の会津藩主、蒲生氏郷が黒川城の屋根瓦の製造のため、肥前の唐津から陶工を呼び慶山の地で焼かせたのが起源のようです。
その後、文久年間には会津軽井沢にある銀山のルツボを焼き窯場を繫栄させ、さらに茶道の隆盛に伴い茶器を生み、民衆にとって欠かせない日用の器を作り続け、今日に至ります。

現在会津慶山焼は「香山」の一軒のみで昔ながらに作られ、釉薬はケヤキやモミを燃やした灰を用いた独特の色彩が美しいものです。
いずれも軽く薄手で上品なつくりに手に取った瞬間驚かされます。
器形もユニークで料理映えしそうな楽しいデザインがあります。

美術館のお帰りなどに、ぜひ一度銀座器ギャラリー門へお出かけください。

実際に手に取ってみる用の美は格別なものがあります!

銀座器ギャラリー門 
03-3573-7273
10:00~19:00
お店のホームページ
東京都中央区銀座6-7-4 銀座タカハシビル3F
門地図 新
QRcode_20160902162103d15.jpg




























スポンサーサイト






もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 個展のご案内
もくじ  3kaku_s_L.png 商品の御紹介
もくじ  3kaku_s_L.png お知らせ
もくじ  3kaku_s_L.png ご挨拶
もくじ  3kaku_s_L.png こばなし
【11月 渋草焼 ~器という名の宝石~ 芳国舎 作品展】へ  【※訂正・追加あり 渋草焼芳国舎・松山様ご在廊のお知らせ 】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【11月 渋草焼 ~器という名の宝石~ 芳国舎 作品展】へ
  • 【※訂正・追加あり 渋草焼芳国舎・松山様ご在廊のお知らせ 】へ